東京都中野区で絶品中華料理が味わえるお店 源烹輪 (げんぽうりん)

  • ?z?[??
  • ???????
  • ???j???[
  • ?X?܏??
  • ???₢???킹

???₢???킹?͂?????

  • ???????
  • ???l???
  • ?ʐ^??

源烹輪のこだわり

中華料理の極味は、家庭料理にあり

料理長 出口喜和 1967年生まれ
香港をはじめ、横浜中華街の老舗<聘珍楼(ヘイチンロウ)>や
南青山の名店<虎萬元>などで修行。
その後、名だたる店で料理長として活躍。
香港時代には、臓物料理を極めるため場末の店にいた。

その後、北京に渡った料理長 出口は胡同(フートン・裏路地の意味)で出会った
本場の中国家庭料理の味に惚れ込んだ。

数々の高級中華料理店で修行した経験と腕で、
究極の中国家庭料理を作ることを決意した料理長 出口喜和は、
今までのような繁華街の大きな店ではなく、
一人一人お客の顔を見ながら、何度も足を運んでもらえる料理を提供したいと、
2000年に滋味滋養溢れる本格中国家庭料理のお店を源烹輪を富士見台にオープン。

『源烹輪』という言葉には、
「様々な困難を力強く打開し続ける料理の源」
という意味があります。

独特な外観と内装は、北京の胡洞の雰囲気に感動した料理長の手作り。
壁も自分で塗り、テーブルも電車の枕木を利用した手作り。
店内にはシャンソンがかかり、中華料理店とは思えない空間が広がります。
「古来伝統の中国料理を紹介したい。」と、
北京を含む味の濃い山東料理や臓物を使った料理に愛着があるご主人。
大きい店だとこちらの3~4倍の値段がかかる料理を仕入れの工夫と調理の腕でカバーして、
リーズナブルな値段を実現しています。
メニューに書かれた“今天飯”の文字は“今日の御飯”という意味。

『真似(まね)、真似(まね)し放題の今日、オリジナルで勝負する
他店様は非常にカッコ良く、尊敬してやみません。
当店も良くも悪くも弱小ながらオリジナル過ぎて、
あまりにもカッコ良すぎて申し訳ございません。』